FC2ブログ
06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

臥竜譲りの神算鬼謀Ⅱ

まる9年やってきたYAHOOブログで、理解不能の強制削除(2014/8/1)を喰らってしまったため、FC2ブログで再スタート!@日光 雲竜渓谷 1月末

 

あいかわらずやるやらないを直前までひた隠す 流しそうめん (京都の奥座敷 貴船 京都市左京区鞍馬貴船町) 

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 ←見たら是非押して下さい!
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 ←できればこちらも押して下さい!


2018年最強台風21号 関西直撃(180904)。

温暖化で、台風の進行方向が東から西になってるし。
まさしく異常。
あと、地球は何年持つんだろうか。

日本なんて、とっくの昔に、温帯から熱帯になってるのに、
あいかわらずバカTV連中は、ゲリラ雷雨とか言ってるし。
スコールとなぜ言わないのか?
今回のも暴風じゃなくて、ハリケーン、サイクロンとなぜ言えないのか?

それに加えて、四国、和歌山間の非常に窮屈なエリアをわざわざ通って、
大阪、神戸、京都にいちいち上陸してるし。

まさに狙ったとしか考えられん。

-----------------------------------------------------------------------------

もう京都で行くとこねえなぁ ということで、短絡的に貴船に行きました。
う~ん、もうちょっと事前に調べて新規開拓しよっと。

川床に行ったら、冷たい水面に足をつけないと (京都の奥座敷 貴船 京都市左京区鞍馬貴船町)


平日の9:30
空いてる感があったので、思い切って一番上にある駐車場を目指す。
ラッキーなことにまだ空いてた。
流し1

川床をやるかやらないか微妙な小雨。
流し2

10:00
もうすでに流しそうめんの列が。
出遅れ気味で、どうしようか迷う。
(まあ、ハナから絶対食べるというわけでもなかったので)
流し3

店員に聞くと、前回と全く同じ答えをしやがる。
まだ、やるかどうかわかりませんだってw
直前になっても、この答えしか返ってこねえからなぁ。
あほらし。
流し4

まあ、暇だったんで、列に並ぶことにした。
中途半端な店員の返答のせいで並ばされた挙句、
中止になったら、文句の嵐になるのがこいつらわからんのかな。
流し5

10:40
平日なのに、暇人どもが大量に並ぶ。
流し6

10:45
結局やるんかい。
だったら、最初からやるって言えよ!
何で毎回、ここの店員どもは客をイラつかせるのか?
流し7

イラつかせる店員には、なるべくかかわらないようにすべし。
流し8

他の川床流しそうめんすりゃあいいのに。
そしたら、こんなイラつかせるとこには絶対に入らねえし。
流し9

上流の店は準備中です。
一人で入ろうとすると断られましたが。
流し10

10:50
残念ながら、第2陣のようです。
流し11

うちわ壊したら、100円取るようになったんか。
まあ、外人ならありえるな。
というか、パクるだろ。
流し12

後続が続々と来やがる。
流し13

いい景色。
流し14

ただ待ってるのも暇なんで、第1陣がどんなもんか覗いてみる。
いつのまにか3列になってるし。
流し15

あっ、待ってる時に、川に足をつけようと思ったが、
これだけ暇人が多くては。
流し16

いい景色。
というか、この景色しかない。
流し17

ようやく順番が回ってきた。
流し18

川床料理で出てくるそうめんは、もっと細くてうまいんだよな。
これは普通のそうめん。
流し19

隣は、女子大生6人組。
流し20

俺は、3レーンのうち一番右側のレーン独占。
流し21

後続の手のみ。
流し22

そうめんを止めて、写真を撮るのは難しいが、
流れてるのを撮ると、何取ってるかよくわからなくなるので。
流し23

ピンクの麺が流れてきたら終了。
流し24

できた女子大生だこと。
箸の向きが揃ってる。
流し25

これだけ待ってる連中がいると、川に足もつけられん。
足をつけると絶対マネしやがるし。
流し26

いい景色。
流し27

というか、この景色しかない。
流し28

そそくさと撤収。
流し29

ここの店員は、あいかわらず面倒くさいことをしたがるみたいで、
なぜか列を分断しやがる。
分断された前の列に並ぼうとする外人を注意する店員。
全ての接客の仕方を、もうちょっと考えろよ。
流し30

この店員に、さらにムカつくことを言われた。
もう怒りを通り越して、呆れるばかり。
まあ、俺は小物ではないので、これぐらいでは何も言わんが。
流し31

駐車場に戻ると、案の定、満車。
ここの道は、あいかわらず狭くて、行き来が面倒くさい。
流し32

平日じゃないと、こんな上流まで上がってこない。
流し33

京都で他にどっかいいとこないかなぁ。
流し34

-----------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト



Category: 旅行

Thread: 国内旅行

Janre: 旅行

Tag: 京都  貴船  流しそうめん  風流  川床  天候  駐車場   
tb -- : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret