FC2ブログ
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

臥竜譲りの神算鬼謀Ⅱ

まる9年やってきたYAHOOブログで、理解不能の強制削除(2014/8/1)を喰らってしまったため、FC2ブログで再スタート!@日光 雲竜渓谷 1月末

 

ほっけ焼がデカすぎてギブアップ寸前 (北のグルメ亭 北海道札幌市中央区)  

-----------------------------------------------------------------------------

前日8/10は快活CLUB旭川で寝て、8/11早朝に起き、さあどこ行こうかと悩む。
北海道上陸初日から、想定していたルートからかなりズレてるし。
ルートなんてその時の気分で変わりそうだったので、今回は宿なんて事前に確保せず。

ルート上、もう札幌に行くしかないんだよね。
ということで、早朝からやってる札幌市中央卸売市場の北のグルメ亭へ。


200811
10年ぶりの北海道ですが、ここには何回か来たことがあります。
北のグルメ1

以前は、こんなのなかったのに。
北のグルメ2

でかいカニ。
北のグルメ3

でかいエビ。
北のグルメ4

7:46
結構人いるな。
北のグルメ5

サインだらけ。
北のグルメ6

壁のいたる所にサインあり。
北のグルメ7

まずは当然、イカ狙い。
以前、函館までイカ食いに行ったら、下道ばっかりで遅いし遠かったので、
わざわざ行かなくてよくなったのはいいですね。
北のグルメ8

その次は、当然ほっけ。この2つは確定だろ。
というか、丼ものは、うにといくらが入ってるので論外。
北のグルメ9

帆立も追加。
北のグルメ10

-----------------------------------------------------------------------------

ほっけ、ちょっとでかいかも。
北のグルメ11

活するめいかお造り 2000円
函館でこんなに値段したっけ。まあいいか
目玉はよけます。
ほっけと一緒に食べると、いかの味がいまいちよくわからなくなるので、
やめといた方がいい。
北のグルメ12

しまほっけ
店員の姉ちゃんが、半身もありますが私なら1匹食べれます
と言うので、丸ごと食べてみることに。
北のグルメ13

うまし。
北のグルメ14

帆立焼 うまし。
北のグルメ15

途中ギブアップしようかと思いましたが、何とか食べ切りました。
ほっけだけなら、もっときれいに食べれたんだけど。
北のグルメ16

食べ終わって、ほっけコーナーを見ていると、いろんなサイズのほっけが。
北のグルメ17

しばらくほっけはいい。
やっぱり半身の方がおいしく食べれたね。
うまいものを食いすぎると、ありがたみが薄れて逆効果になる。
北のグルメ18

外を歩いていると、冷えたメロンを発見。
北のグルメ19

あまりメロンを好きでないのに、食ってしまった。
北のグルメ20

-----------------------------------------------------------------------------

200813
前日8/12は、快活CLUB札幌に泊まったので、何の考えもなくまた北のグルメ亭へ。
北のグルメ21

ご飯は何の違和感もなく。
ということは、たぶん無意識でうまいということです。
北のグルメ22

サインだらけ。
北のグルメ23

サインもさ、誰のかわからないんだから、名前の札付けてくれよ。
北のグルメ24

前回、狙ってたこの辺を食べます。
北のグルメ25

かに汁は何かいまいちだった。
北のグルメ26

今回は、割と楽に食べれました。
北のグルメ28

鮭ハラス焼、銀だら西京味噌焼
やっぱり魚系を2種類食べると、どちらかの旨さが感じられなくなる。
銀だらの旨さが、鮭で半減したような気が。
北のグルメ27

帆立刺し
ほたては好きなんで。
北のグルメ29


にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 ←見たら是非押して下さい!
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 ←できればこちらも押して下さい!

-----------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト



Category: 旅行

Thread: 国内旅行

Janre: 旅行

Tag: 北海道    旅行  北のグルメ亭  札幌  ほっけ  帆立  いか  メロン  銀だら 
tb -- : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret