FC2ブログ
03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

臥竜譲りの神算鬼謀Ⅱ

まる9年やってきたYAHOOブログで、理解不能の強制削除(2014/8/1)を喰らってしまったため、FC2ブログで再スタート!@日光 雲竜渓谷 1月末

 

ドラえもんが・・安心して・・帰れないんだぁ! (STAND BY ME ドラえもん) 


ということで、カラオケのドラえもんのPVで泣かされてしまったので、
映画館に行ってきました!
なんと、あの「聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY」を上映しなかった
信じられない映画館ですw
(見る気満々だったんだけど、ド田舎なんで仕方ないかな・・)

毎度おなじみの フォーラム那須塩原 です。
映画1

月曜というのに、何でこんなにおんねん!
といっても、子供連ればっかりかw
映画2

上の方に、るろうに剣心のポスターが・・
社会人になってから、週刊少年ジャンプなんて読んでねえけど、
志々雄編はタイムリーに読んだので、知ってるぞ!
(といっても、何十年前の話なんだw)
映画3

「すべての、子供経験者のみなさんへ。」
このキャッチコピーの意味がよくわからん・・
(俺ならもっといいキャッチコピーにするけどな)
それに STAND BY ME ドラえもん って・・
どちらかといえば、STAY BY MEじゃないの?
映画4

「いっしょにドラ泣きしません?」
ドラ焼きとかけたんだろうが、このキャッチコピーもいまいち・・
映画5

孤独のグルメばりに、遠目から撮ってみる。
映画6

さらに、遠目から撮ってみる。
映画7

全部で40~50人ぐらいの入り。
なお、3Dメガネ代で300円取られた。
映画8

ドラえもんが・・安心して・・帰れないんだぁ!」
と、ジャイアンにボロボロにされながらも、あきらめずに立ち向かっていくシーン
ドラえもんが、のび太との別れを泣きながらたそがれるシーン↓
あかん、何度見ても泣けてくる・・
映画16

30代以上は、ドラえもん世代なんだから、今回は是非見に行ってこい!
世界に誇る日本のドラえもんだぞ! 
キャラクター設定の浅いディズニーなんて比じゃない!

------------------------------------------------------------------------------

今日は、余力があったので、もう1本見ることにした!
始まるのに1時間あるので、昼ごはんを食べに、那須高原に向かう。
映画9

とら系白河手打ラーメン 道夢
映画10

いつもチャーシューワンタン麺ですが、何か?
(なかなか他のメニューを頼む勇気が出ないw)
映画11

もう、とら食堂の味は忘れてしまったけど、甲乙つけがたし。
(って、昔の記事に書いていたので・・)
映画12

麺がいつもやわらかめですが、うまし!
映画13

映画館に舞い戻って、るろうに剣心を見ました。
今回は、前編だったのか?
後編は9月からだって?う~ん・・ 
蒼紫の話は、志々雄の話と同時進行だったっけ?
別ストーリーみたいな感じになってるので、
志々雄と関連が薄いのなら入れない方がよかったのでは?
映画14

初めて、ダブルヘッダーで見ましたが、何か?
次は、るろうに剣心の後編か、寄生獣かな!
映画15

------------------------------------------------------------------------------

フォーラム那須塩原
超久しぶりの映画です。
映画20

ド田舎の映画館なので、激混みになることはまずなさそう。
映画21

かぐや姫の物語
あんまりジブリは見ないんだけど、これは絵的に見たいと思った。
映画22

チケット売り場の横に、こんなのがありました。
どうせならもうちょっとかわいく作れよ!
映画23

「姫の犯した罪と罰」って、意味がさっぱりわからんなぁ。
もうちょっとわかりやすい的確な言葉があるでしょうに・・
映画24

メモ帳を買いました。
パンフレット買ってもそのうち捨てるし・・
映画25

木々や草花があふれる自然の中で、幼なじみと交流を深める姫の姿は生きる喜びに満ちている。
「人にとっての幸せや、いきいきと生きるとはどういうことかを伝えたかった」と高畑監督。

色彩豊かな地球だが、さまざまな辛苦も存在する。
色もなければ悩みもない清浄無垢な月世界では、その地に憧れることも許されないのだ。

結局、姫は地球での生を全うできないまま月へ帰ることになった。
彼女が憧れたこの地に生まれた私たちは、悔いなく生きているだろうか。
「自分も含めて問われている。要するに『生きろ!』ということです。」


生きてると、つらいことや楽しいこと、いろいろあるけど、
下界での修行が終わって、何も感じることができない天上界に召されることが、
何とつまらないものか?

かぐや姫は、もっと地球にいたかったんですね。

かぐや姫は、「この世にせっかく生を受けたんなら、時の流れに流されるだけじゃなくて、
もっと精一杯生きろ!」と言っているのです。

------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト



Category: 映画

Thread: 映画レビュー

Janre: 映画

Tag: ドラえもん  るろうに剣心  かぐや姫 
tb -- : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret