FC2ブログ
02 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

臥竜譲りの神算鬼謀Ⅱ

まる9年やってきたYAHOOブログで、理解不能の強制削除(2014/8/1)を喰らってしまったため、FC2ブログで再スタート!@日光 雲竜渓谷 1月末

 

日光東照宮の奥に氷の神殿あり!2013 vol.3 (氷の神殿 雲竜渓谷 栃木県日光市) There's cloud-dragon waterfall is the most beautiful freezing view in Japan behind Nikko toshogu shrine 

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 ←見たら是非押して下さい!
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 ←できればこちらも押して下さい!


栃木日光市にある「の神殿 雲竜渓谷」の最終編です!

-----------------------------------------------------------------------------

ルート
今回は、水色のルートを往復
(往復5時間の歩き旅)
雲竜50

これが、雲竜瀑か!!
(向こうを向いてる人のあたりから、左に斜面を降りていくと、最終地点の滝壺に到着)
雲竜瀑を登っているちっこい人がいるw
雲竜140

右下の(斜めになっている)人に続いて、斜面を降りていく。
(人がうじゃうじゃいるなぁ)
雲竜141

雲竜瀑!!
これでも、デジカメを地面すれすれの所に置いて、できるだけ上を見上げて撮ってます。
(それでも、雲竜瀑の上側が写真に入らない・・もっと遠くから撮りゃいいだけなんだけどw)
雲竜142

雲竜瀑の右側では、山岳救助訓練をしているようです。
壁を登らなければならない場所に、助けに行くことなんてそもそもあるのか?)
雲竜143

クライミングしているのは、いずれも若い女性! 
がんばれ!
(黄色の人は、しばらく固まっている状態)
雲竜144

ピッケル(つるはし)を、硬いに突き刺しながら上がっていく。
何か面白そうだw
(「テンション」って言うと、下の人が紐を引っ張るのか?)
雲竜145

止まってた黄色の人も、動き始めましたw
クライマーというと、昔「クレイジー・クライマー」というビルを登るゲームに、相当はまったなぁ。
雲竜146

これ見よがしに、重装備している連中は、(面倒くさいのに)食べ物を温め始める。
カロリーメイトとかさ、簡易的な物じゃダメなの?
入口に戻るまで待てないの?
(ダイエットをしてる者にとっては、1食抜いても何ら支障はないんだが)
前回、登山家は優しい人が多いと知ったんだけど、見栄張りも多いみたいw
(栗城史多級の超登山家なら、何やっても羨望の眼差しなんだが)
いやいや、へたれの俺ごときが、栗城史多さんの事をとやかく言うことすらおこがましい。
雲竜147

つららに近づいて写真を撮ろうとしている記者に、山岳救助訓練連中の1人が、
「朝日新聞か?読売新聞か?そこ危ないぞ!」と言ってたが、
このつららのどこが危ないのか?さっぱりわからない。
記者は、俺(200枚撮影)以上に、写真を取りまくるのが仕事なんだよ!
雲竜148

左上から3人が、右下の滝壺に降りてきます。
(大半の人が、行きも帰りもこの斜面を通らなければならない)
雲竜149

雲竜瀑の真下まで来てみました!
(登ったろうかなと思いましたが、普通の杖なので登れず)
雲竜150

ちょっと遠目から、雲竜瀑全貌!
(登るとしたら、さらに装備が必要だが、へたれ登山家なのでこれ以上お金をかけるのは無理)
雲竜151

10:25
山岳救助訓練連中が一杯います。
(クライミングに慣れてる人は、すたすた上がっていってた)
滝壺に20分ほどしか滞在しませんでしたが、身も心も完全にフルチャージされました!
(ちょっと休んだせいかもしれんが?)
パワー全開になって帰ります!
雲竜152

鋭いつらら
(今度つららで、何かやってみます)
雲竜153

やっぱりこの柱は人気ですね。
(この柱と雲竜瀑がメインだからね)
雲竜154

もう一度、柱の裏に回ってみました!
(俺も誰かに写真を撮ってもらえばよかった)
雲竜155

10:45
この氷柱に、クライマーが登り始めました!
(周辺にいた人がみんな見てます)
川渡りとかを何回かやると慣れてきて、帰りは楽勝でぴょんぴょん飛び跳ねてましたが、何か?
(今度は、洞門岩の分岐を右に行くコース(川渡り、坂登り)選んでも、楽々行けそうだなw)
雲竜156

10:55
氷柱から、渓谷入口に10分で戻ってきました!
(これから雲竜瀑に行く人達が、アイゼン(スパイク)を装着してます)
雲竜157

11:25
渓谷入口から、洞門岩に30分で戻ってきました!
何と外人のパーティがいました!
みんなここでアイゼンを装着してます。
ということは、洞門岩の分岐を右に行く、川渡り、坂登り(時間短縮)コースを行くのか・・
ファイティン!と言おうと思ったが言いそびれたw
雲竜158

11:45
洞門岩から、稲荷川展望台に20分で到着
(一気に戻ります!)
雲竜159

12:30
稲荷川展望台から、入口ゲートに45分で到着
この辺からタクシー会社に電話してみるが、電波が入ったり入らなかったりで
ほとんど圏外表示ばっかり
(何時に、入口ゲートに着くかわからなかったので予約できなかったんだよね)
何回もTRYしてみるがすぐ圏外に変わるので泣く泣く駐車場まで歩くことにした・・
雲竜160

入口ゲートに置けなかった車が道中に止まってます。
雲竜161

一杯止まってますね。
(とぼとぼと歩いてるとタクシーが通り過ぎる)
携帯がつながったのか時間で予約してたのかわからないが、
俺も時間予約しとけばよかった。
雲竜162

13:20
入口ゲートから、東照宮大駐車場に50分で到着
(次は往復ともタクシーを絶対予約してやる!この50分の徒歩が結構きついので)
行きは汗だくでしたが、帰りは汗も全くかかず。
雲竜163

5時間も歩くのは少々しんどいかもしれんが(ラジオとか音楽を聞きながらだと楽勝かも)、
1度は行ってみた方がいい絶景です!
周りに誰もいないと、静かで冷たいので、完全に無心モードになれるし、
氷柱、つらら、雲竜瀑から、知らない間にエネルギーをもらってる気がして、
生まれ変わった感じになります!

-----------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト



Category: 旅行

Thread: 国内旅行

Janre: 旅行

Tag: 雲竜渓谷  栃木    日光  東照宮  絶景 
tb -- : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret