FC2ブログ
02 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

臥竜譲りの神算鬼謀Ⅱ

まる9年やってきたYAHOOブログで、理解不能の強制削除(2014/8/1)を喰らってしまったため、FC2ブログで再スタート!@日光 雲竜渓谷 1月末

 

日光東照宮の奥に氷の神殿あり!2014 vol.1 (氷の神殿 雲竜渓谷 栃木県日光市) There's cloud-dragon waterfall is the most beautiful freezing view in Japan behind Nikko toshogu shrine 

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 ←見たら是非押して下さい!
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 ←できればこちらも押して下さい!


ちょっと時期尚早なのはわかってたんですが、1/18(土)に
栃木日光市にある「の神殿 雲竜渓谷」に、また行ってきました!

来週の1/25(土)から、公務員連中の嫌がらせ(冬期恒例の無駄な道路工事)で
「ゲートまでの道路を封鎖する」とか、何やらほざいてるらしいw
(駅からゲートまで1時間も余計に歩くのは、非常に疲れるのでなるべく避けたい)

-----------------------------------------------------------------------------

ルート(往復5時間の歩き旅)
先人の登山者達は、誰も詳しい地図を書いてくれないので、自分で書きましたw
  行き:水色→緑色→水色ルート
  帰り:水色ルート
今回ヤバイと思った場所は、「雲竜渓谷」から「雲竜瀑」に行くのに、斜面を登り、
崖沿いの細い道を通る必要があるんだが、バランスを崩して、崖から落ちそうになった!
(前回は何も感じなかったんだが、今年は誰か落ちそうな気がしてならない)
雲竜170

7:00
ゲート着
日光駅周辺にある大和交通タクシーの駐車場に車を止めさせてもらって
ゲートまで運んでもらう。(2240円なり)
日光駅~ゲートまでの徒歩にかかる1時間を、当然金で買いますが何か?
雲竜171

最近運動をしていないのでいきなり往復5時間も歩けるのか、ちょっと不安・・
雲竜172

7:40
稲荷川展望台
雲竜173

雪が少ないですね。
(それをわかってて、この日に来てるんですけどねw)
雲竜174

第1次撤退場所です。
この時は、シーズンオフの3月に行ったせいか雪が深くてここより先に行けず。
雲竜175

8:00
洞門岩
左側のクネクネ登り林道ルートに行くか、
右側の川渡り→登り下り→川渡り→登りルートに行くか。
雲竜176

右側ルートで行きます!
「頭上注意」って、ロープが張られているけど、
これじゃ、初めて来た人は封鎖されていると思って
みんな左側ルートに行ってしまうだろ!
雲竜177

写真の一番奥を目指して行きます!
雲竜178

さっそく川が行方を遮ってくるw
アイゼン(スパイク)無しでは滑りそうなので装着!
雲竜179

キラキラ
雲竜180

さらに、写真の真ん中付近まで進みます!
雲竜181

ここから登ります!
第2次撤退の時に靴にグルッと1回巻いただけの簡易アイゼンが
坂の途中で外れまくって使いもんにならなかったw
雲竜182

登り切ると下りです。
写真の真ん中付近を目指して行きます!
雲竜183

ロープが垂れているので使って下ります!
雲竜184

川沿いにちょっと進んで左側の斜面を登ること!
(このまま川沿いに行くと行き止まりのトラップが待っていますw)
しかし、先人達はなぜもっと案内リボンを付けてくれないのだろうか・・
雲竜185

第2次撤退の時にこの辺りで川にハマリまくって、引き返したw
(普通の靴だったし)
雲竜186

8:45
WARNING!!
さらに川沿いに進むと柱とつららが見えてきますが、ここからしばらく行くと行き止まり!
見事にトラップに引っかかりましたが何か?
少ない案内リボンをしっかり探して進もう!
(見過ごしてしまったw)
30分も時間をロスしてしまう大失態!
(一気にやる気が失せてきてもう帰ろうかなと思った)
雲竜187

何とも渡りにくいなぁ。
雲竜188

渡れそうなところを探して渡る。
雲竜189


雲竜190

つらら群
雲竜191

う~ん、足跡らしきものはあったので、特に気にせず突き進んだんだが・・
(この時は行き止まりに気づかず)
雲竜192

柱の残骸
雲竜193

つらら群
雲竜194

シャープなつらら、デコボコなつららの違いは何?
雲竜195

柱硬っ!
石のように硬いし、重い・・
(写真を撮るために自分で運んだので)
落ちてきたのに、当たったらヤバいかも・・
とようやく気づかされたw
雲竜196

行き止まりになっているとは知らずに、
奥の滝みたいになっているところまで行ってみる。
雲竜197

のカーテンの中に潜り込む。
雲竜198

つららをじっと見る。
雲竜199

奥の滝の左側にある斜面から登ってみるが、足が届かんし
足跡もないし、何より後続が誰一人来ないw
完全に意気消沈しトボトボと引き返す・・ ああ、みじめだw
(30分も時間ロス)
雲竜200

9:30
ピンクリボンのあるルートに戻り、再度しばらく登って渓谷の入口にようやく着いた!
無駄に体力を消耗したのでちょっと休憩させてくれ!
雲竜201

雪があまりないことからもわかるように、まだ最盛期ではない!
従って人も少ない。
雲竜202

階段を下っていきます。
雲竜203

Buena Vista!!
(ブエナビスタ:スペイン語で「絶景」、日本競馬史上最強牝馬)
雲竜204

いろんな形の氷
雲竜205

キラキラ光っています!
雲竜206

この領域に入ると、今までの疲れなんて完全に忘れてしまう。
何とも不思議なパワースポット!
雲竜207

針のように鋭いつらら
雲竜208

ここで見る太陽は、いつもまぶしいわ・・
雲竜209

9:55
このエリアでは左側の氷柱がメインですが、まだ最盛期レベルの太さには達していません。
雲竜210

-----------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト



Category: 旅行

Thread: 国内旅行

Janre: 旅行

Tag: 雲竜渓谷  栃木    日光  東照宮  絶景 
tb -- : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret